bikekind のすべての投稿

bikekind について

バイク買取専門店バイクカインド 事故車や不動バイクの廃車や処分もお任せ下さい!! バイクの車種・状態によっては事故車や不動バイクも買取できます。 東京・神奈川・埼玉・関西を中心に無料回収もおこなっています。

CB125Rの買取

CB125Rの買取価格と相場情報

清瀬市に出張引き取りに行ってきました。新座市からは近いので当日にお電話いただいてからの査定も可能です。お気軽にご連絡ください。

ホンダのCBシリーズの末弟、2018年に発売されたCB125Rの売却のご依頼がありました。ここでは実際に買取したバイクの査定価格、相場の情報を発信しております。

CB125R(JC79)買取相場

最高価格    310,000円
平均価格       264,808円

直近12か月の買取相場
※2020年5月現在

まだ発売されて2年と月日の浅いバイクとなりますが、日本国内では数年前より原付二種ブームとなっており、主に原付二種ブームの火付け役といっても過言ではないPCXをはじめとしたスクータータイプが主流でしたが、CB125Rの発売によって小排気量のネイキッドバイクのブームも囁かれています。このクラスでは大型サイズですが、バイク的には車体も大きすぎず小さすぎずで乗り心地もよく初心者からベテランライダーまで楽しむことができるバイクだと評判もいいです。

CB125Rの買取実例

ここでは実際に買取したバイクの写真とともに買取価格と業界の買取相場をご案内しております。これから売ることをお考えの方の参考になれば幸いです。実際に買取したバイクの詳細を述べておりますので参考になると思います。


装備が豪華なバイクです。
ヘッドライトもLEDと豪華な仕上がりになっています。
発売当初は415,000円(税別)とこのクラスでは少々お高いイメージでしたが
新車での実売価格は30万台半ばから後半と40万円を切った価格帯となっており
、性能面、豪華な装備で玄人も納得の仕上がりとなっていることからそんなに高いというイメージは持たれていないようです。


実際の査定ではまずはバイクの全体像を見ていきます。
このくらい離れた場所から車体全体を確認していきます。
ここで転倒傷がないか、車体に違和感があれば近くで確認していきます。
このこは全く問題なくコンディションのいい子だったので査定も楽でした。


ボルトナットや細かな部品のドレスアップが施されていますが
基本ノーマルルックです。大型の液晶メーターは異状なく正常に作動しています。最近のバイクは液晶メーターが多くなっていることら昔のようにメーターを社外品に交換することは少なくなってきているように感じます。またスピードメータの交換は一般的にバイク査定ではマイナスになることがほとんどなので、お勧めしないカスタムとなります。


純正のリアフェンダーを取っ払い、社外のナンバープレートステーを装着しています。このような改造は車種にもよりますが、大きなマイナスポイントとなることは少ないですね。売却時にノーマル部品があるほうがベストですが、特に大きなマイナスポイントとなることは当店では少ないです。ただし切断したり無理やり外したり加工されている場合はマイナスとなることが多いです。


こちらはノーマルのリアサスですが、査定時にリアサスがどのように評価されるかというと、錆や傷、凹みなど見た目での評価はもちろんで機能面でも見ていきます。オイル漏れやへたりなど確認していきます。サスペンションカスタムがどのように評価されるかというと、無名のメーカーのもなどに変くされている、または他車種の純正流用、また自作パーツなどはマイナスとなることが多いので変更されることがある場合は必ず純正品を置いておくようにしてください。


フロントサスペンションもリアと同じく錆や傷など見た目から入って、正常にストロークするか確認していきます。確認方法としてはフロントブレーキをかけてサスをボトムさせて正常に作動するか確認します。シール類の劣化はないかオイル漏れがないかなどを確認します。フロントフォークを社外に交換する方はリアサスに比べると全体的には少ないですが変更時はこちらも純正パーツを残しておくことがベストです。


エンジンのカスタムは最近はやる人が少ないですが、ボアアップなどは車種にもよりますがマイナス査定になることが多いです。スライダーを取り付けたり、ボルト交換くらいだと大きく影響することはないですが、エンジン内部を改造しているものは評価が下がることがあります。まあエンジン内部まで改造する方は、売ること考えていませんし、ほとんどの方が乗り潰す覚悟を持って改造されているので以来自体来ることが少ないですね。昔のキャブ車などは車種と内容によってはプラスとなることもあります。使ってるパーツにもよりますがエンジンカスタムで高評価となる代表的なものはモンゴリです。

このCB125R(JC79)の買取査定結果の詳細

メーカー:ホンダ
車体番号:JC79-1002***
エンジン番号:JC79E-1002~
カラー:パールメタロイドホワイト
走行距離:310キロ
ワンオーナー、ノーマルパーツあり、スペアキー有

査定を行った結果、走行距離も浅く屋外での保管バイクでしたがカバーをしっかりかけて洗車などもこまめに行っている方だったので見た目もきれいで、またノーマル部品もしっかり保管されていたのでマイナスとなることもなく平均価格より上の評価として30万円での買取とさせていただきました。
ちなみにこのバイクは発売から日も浅いことから、平均買取価格時の平均走行距離も4000キロ台となっています。全体でも1万キロ未満のものがほとんどですので、これから距離が増えてくるの平均価格帯も変わってくると思いますが、ここで紹介しているものが基準となってくることは間違いない

このCB125Rの査定価格 30万円

評判のいいバイクなのになぜてばなしたかというと、こちらのお客様は50㏄クラスからリッターオーバーの大型バイクまで複数台所有されていて、衝動的に購入してしまい、もともと現所有バイクで手一杯だったため、持て余してしまい乗る機会が少なく傷ましてしまうことを懸念され買取価格が下がってくる前の今のうちに処分することとなったようです。決してこのバイクに不満があっての売却ではないので、これかCB125Rの購入を検討されている方は心配しなくてもいいです。本当に楽しめるバイクだと思いますよ。

ご売却ありがとうございました。
きっと次のオーナー様にも喜んでいただけると確信しております。

→ バイクオンライン査定はこちら

出張買取査定地域
東京都清瀬市

→ 東京都でのバイク買取事例はこちら

ラインでの査定もはじめました。
お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

ラインで画像を送っていただきましたら概算の査定額をお伝えすることができます。その際に写真、車台番号、年式、走行距離で実車査定に限りなく近い価格をお伝えできるよう努めてまいります。※不動車に関しては写真だけで判別できないこともありますことをご理解ください。

相場や業界の常識の破格値での買取に日々チャレンジしています!!
実際に買取したバイクの価格をブログでお伝えしています。

バイクをカスタムする場合はノーマルパーツを残しているほうが高評価となります

査定の結果ノーマルパーツの保有もしていたので大台となる30万円での買取とさせていただきお客様のも大変喜んでいただきました

————————————————————————————————————————-

バイクカインドは小さな会社ですから、一台一台状態のことなる中古バイクを文字通り一台一台丁寧に査定しまして、それぞれ状態の異なる中古バイク一台一台の最善の売却方法を考えて査定しておりますので、市場調査での買い取り価格より限りなくバイクを高く買取することができます。
特に廃版となった旧車は相場や業界の常識を超えたの破格値でのバイク買取りにチャレンジしています!!
バイクカインドへご依頼された方、すべてのお客様から満足していただけるようなサービスを心掛けております。

→ バイクオンライン査定はこちら

CBシリーズの買取実績/