事故で壊れたフュージョンXの回収事例

フュージョンXとは、1986年から1997年にフォーサイトと名を変えてモデルチェンジを行うまで日本国内で製造販売されていたフュージョンの復刻版として2003年より発売されていたバイクです。このころは空前のビックスクーターブームでしたね。2007年に自動車排出ガス規制と、ビクスクブームが下火へと向かいだしたことから生産終了となりました。

壊れたバイクの廃車、スクラップなどのご相談も迅速に対応しています!廃車手続きも代行いたします

バイクカインド
0120-819-808
年中無休 9:00~21:00
携帯から通話無料

→ フュージョンの廃車処分実績はこちら

→ バイクオンライン査定はこちら

単独事故で転倒して壊れたバイクの引取りのご依頼

一時はカスタム車両となると100万円オーバーもざらにあった人気バイクですが
人気が衰えだしてからは、一気に買取価格も下降へと転じてしまいました。
ビッグスクーターブームが完全に終わってしまった令和元年の今となっては、エンジンの掛り調子もいいものでも買取査定額のつくものも少なくなってきております。

こちらのフュージョンXは外装が社外品の中華外装に交換されたものが中古バイクとして売りに出されていたようです。購入当時は見ちゃ目もバッチリ綺麗な状態だったようです。

単独事故でフロントから激突したためフロントマスク部分が大破していました。

クランクケースも中華部品のメッキパーツへと交換されていましたが
品質が悪いため、メッキ箇所の腐食が目立ち下地から浮き上がりがあり凸凹といびつな形をしていました。

ラジエーターコアもところどころ潰れています
もともと事故車か何かを再生したバイクかもしれませんね

メータ周りのパーツも中華製品が使われて組み込まれているため劣化が激しく
スピードメータも見えにくい状態です。

この回収したフュージョンXの詳細

メーカー:ホンダ
車体番号:MF02-2005***
走行距離:不明
事故によりエンジン不動

このバイクの引取り費用 6600円

今回はたまたまタイミングが良く近くに行く事もありましたので
お引き取り、ナンバープレートの返納手続き、陸運局での抹消手続きなど諸々含めて有料とはなりましたが税込6600円でお引き取りとなりました。

→ バイクの廃車に関してのご相談のお気軽に

出張買取査定地域
さいたま市

ラインでのご相談もお受けいたします
お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

ラインで画像、車台番号、年式、走行距離をお伝えして頂ければ、実車査定に限りなく近い価格をお伝えできるよう努めてまいります。
※不動車に関しては写真だけで判別できないこともありますことをご理解ください。

相場や業界の常識の破格値での買取に日々チャレンジしています!!
実際に買取したバイクの価格をブログでお伝えしています。

バイクカインドは小さな店舗ですから通常では買取できないような盗難されたバイクでも柔軟に対応いたします。買取できないような古いバイクや壊れたバイクでも一台一台丁寧に査定しまして、最適なリサイクル方法を考えて査定しておりますので、市場調査での買い取り価格より限りなくバイクを高く買取することができます。
また買取できないようなバイクでも無料回収することも出来ます。
バイクカインドへご依頼された方、すべてのお客様から満足していただけるようなサービスを心掛けております。

→ 埼玉県でバイクの廃車処分・原付スクーター回収の実例はこちら

バイクの有料回収実績/