不動バイクの長期放置の初代トリッカーを6.4万円で買取

長期間放置してしまったためバッテリーも上がりエンジンもかからなくなってしまった不動車と化してしまったトリッカーを高価現金買取してきました。小平市でしたのですぐに行くことができました。新座市の近くの場合は当日のご対応もできますのでお気軽にご連絡ください。

トリッカーの買取査定相場

最高価格    180,000円
平均価格         95,982円
直近3か月の買取相場
※2020年2月現在

→ トリッカーの高価買取実績はこちら

ここで記載している参考価格は初代トリッカーである型式がDG10Jのものとなりますので、2代目であるDG16Jや3代目のDG32Jは買取価格も大きく異なりますので随時お問い合わせください。当店では嘘偽りのない実際に買取を行ったことがある過去の買い取り実績より価格を公開しております。買取エリア外の方も参考になると思いますのでご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

初代トリッカー(DG10J)の買取実例

乗らなくなり止めっぱなしになっていましたが
シートをかけていたので外装の色あせもすくなく
錆もそんなに多くはなかったのでエンジン不動でしたが
お客様にも大変喜んでいて抱けるほどの買取価格のご提示ができました。


自宅前に乗らなくなり約5年間止めっぱなしというか
放置状態になっていたバイクの買取の依頼でした。
もちろんエンジンは不動となっています。
バッテリも上がっています。

フロントフォークを何度が伸縮させていると
アウターチューブ内のオイルがあふれ出してきました
ダストシールはひび割れしていることが確認できていましたが、
中のオイルシールも劣化していたようです。
こうなるとフロントフォークのオーバーホールは必須です
ハンドル周りはそんなにさびは目立ちません。
ブレーキマスターのネジがさびているのが見えますが
内部に水の侵入はない様で、窓から見えるブレーキフルードも
白濁していることもなく、外から見る分にはゼリー状になっていることもないようなので、フルードの交換でいけそうです。
またシリンダーの固着もなくブレーキレバーを握っても戻りも悪くなく
若干引きずりは見られますが大きな部品硬軟はなくとも分解正装で何とかなりそうです。


ドライブチェーンはオイルも切れてところどころ固着していますので
交換は必須です。リアサスのスプリング部分に若干さびは見られますが
幸いにはインナーは錆びておらず、またオイル漏れなどもないようなので
交換またはオーバーホールなどコストのかかる修理または補修が必要になってくることはないみたいです。

このトリッカー(DG10J)の買取査定結果の詳細

メーカー:ヤマハ
車体番号:DG10J-0078**
エンジン番号:G340E-011
年式:2006年(平成18年)モデル
カラー:ビビットオレンジメタリック
走行距離:9,847キロ

この不動の初代トリッカーの査定価格 64,000円

ご売却ありがとうございました。
きっちりしっかりとメンテナンスしエンジン絶好調にして
きっと次のオーナー様にも喜んでいただけると確信しております。

バイクオンライン査定はこちら

出張買取査定地域
東京都小平市

→ 東京都でのバイク買取事例はこちら

ラインでの画像による査定もはじめました。
お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

ラインで画像を送っていただきましたら概算の査定額をお伝えすることができます。写真、車台番号、年式、走行距離で実車査定に限りなく近い価格をお伝えできるよう努めてまいります。※不動車に関しては写真だけで判別できないこともありますことをご理解ください。

相場や業界の常識の破格値での買取に日々チャレンジしています!!
これからバイクを売ろうとお考えに肩に参考にしてもらえるように
実際に買取したバイクの価格をブログでお伝えしています。


右側サイドカバーを外したら内部にバッテリーが見えます
サイズは7Sとなります。
再生にあたりまずはバッテリーの交換から始めます
無理と分かっているが交換後、一応指導確認してみますが
セル指導は確認できましたので一安心ですが、エンジンは一向に
爆発する気配がないので、このあとはプラグの点検及び必要であれば交換作業に入っていきます。並行してキャブレターの分解洗浄に入り、必要であれば
部品交換していきます。


キャブレターにアクセスするためにガソリンタンクを車体から取り外ししますが、タンクサイドのカバーを取り外すには前方にスライドさせるように外していきます。バイクのカバー類は車種によっては引っ張って外すものや、このようにスライドさせるものなど多種多様なため、基本的な分解作業も毎回勉強するようなものです

一通り簡易的なメンテナンスを終えエンジンをかけることに成功し
たので、各所に異常がないか再度点検していきます。
エンジンがかかるようになるまでは不動の状況にもよりますが
比較的に簡単に始動、確認までは持っていけますが、中古バイクとして
販売できる状態に持っていくにはまだまだ先の工程が待っております。
どうか不動になってしまう前に乗らなくなったバイクがありましたら、良質車両が少なくなってきた中古バイク流通のためにも早めに売却を検討してみていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

トリッカー・シリーズを売るときには是非とも当社へご一報ください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バイクカインドではバイクを査定に出し売却のご成約された風景を実績ブログ内で公開していますが、お客様のプライバシーを守るために買取り地域等を一部非公開にしている場合もございます。あらかじめご了承ください。
万一、バイク買取り時や廃車処分のバイク写真公開がNGの方はご遠慮なくスタッフまでお申し付けください。

動かないバイクや事故で壊れたオートバイでも買取可能です。
新型のバイクもどこよりも高額査定を提示いたします。
お気軽にお電話ください。

他店でのバイク査定にガッカリした方もご遠慮なくご相談ください

きっとごお満足していただく査定価格をご提示いたします。
ご質問などお気軽にご相談ください。

バイクカインド
0120-819-808
年中無休 9:00~21:00
携帯から通話無料

バイクオンライン査定はこちら

→ バイクの不動車買取実例はこちら

ヤマハ車バイク買取実績/