日別アーカイブ: 2019年10月2日

2018年式のニンジャ400(EX400G)の買取査定価格

所沢市までバイクの出張査定にいってきました。当日にお電話をいただきましてすぐにお伺いいたしました。

2013年より発売されていたニンジャ400も2018年位モデルチェンジしました。
2019年に入りまして新型ニンジャの買取依頼もちらほら出てまいりましたので
買取相場も安定してまいりました。ここではニンジャ400(EX400G)の査定を踏まえてえ買取相場をご紹介していきます。

Ninja400(EX400G)買取査定相場

最高価格    600,000円
平均価格       518,379円
直近3か月の買取相場
※2019年10月現在

バイクカインド買取価格 500,000円

年式によって大きく買取価格の相場が異なってきております。
上記は全ての型式が混在していますのでお問い合わせの際に車体番号をお伝え頂きますと絞り込んで的確な相場をお伝えすることも出来ます。お気軽にお問い合わせください。

→ Ninja400の高価買取実績はこちら

ざっくりとした目安をお伝えしておきます。
走行距離が1000キロ未満のもので55万~60万
3000キロ未満のもので50~55万を一つの目安となります。
もちろんキズや錆などダメージにより変動します。
この範囲だと適正価格での査定と言えるでしょう。
これを下回る様であれば当店へご相談ください。
※2019年10月現在の価格となります。

中古バイクの査定には年式・走行距離・品質が大きく影響しますので
乗らなくなり、放置バイクと化してしまう前に売却することを検討してみてはいかがでしょうか。きっと喜んでいただける買取をお約束いたします。

お気軽にお問い合わせください。

カワサキ・現行ニンジャ400の買取実例

今回ご依頼いただいた現行ニンジャ400の査定結果と相場をお伝えしています。
このニンジャは他社への問い合わせ時点で65万円と言われており、
実際の査定で50万を切る結果となり、納得いかなく当店へご相談いただきました。当店としては立ちごけがあると聞いていたので50万前後とお伝えしておりました。


走行距離は少なく距離だけで見れば55万upを狙える車両ではありましたが
立ちごけによる損傷が各部に見られるためこのような査定結果となりました。
こけキズがなければ上限価格での買取りも可能だったかもしれませんが、悔やまれます。今回売却したのは立ちごけが原因ではなく大型二輪免許を取得したので
大型バイクへの乗り換えのため資金獲得の為に売ることにしたようです。

他のカラーリングのニンジャもいいですが
やはり川崎と言えばコーポレートカラーでもある
緑を基調としたカラーが『カワサキらしさ』を一層印象図けます。
徳にニンジャと冠しているバイクの緑は存在感も大きいです。

このNINJA400の買取査定結果の詳細

メーカー:カワサキ
車体番号:EX400G-A155**
エンジン番号:EX400GEA15
年式:2018年(平成30年)モデル
カラー:ライムグリーン
走行距離:2,100キロ
ワンオーナー
取扱説明書・スペアキー有

このニンジャ400の査定価格 50万円

ご売却ありがとうございました。
きっと次のオーナー様にも喜んでいただけると確信しております。

バイクオンライン査定はこちら

出張買取査定地域
埼玉県所沢市

ラインでの画像による査定もはじめました。
お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

ラインで画像を送っていただきましたら概算の査定額をお伝えすることができます。写真、車台番号、年式、走行距離で実車査定に限りなく近い価格をお伝えできるよう努めてまいります。※不動車に関しては写真だけで判別できないこともありますことをご理解ください。

相場や業界の常識の破格値での買取に日々チャレンジしています!!
これからバイクを売ろうとお考えに肩に参考にしてもらえるように
実際に買取したバイクの価格をブログでお伝えしています。

フロントマスクは先代よりもスポーティーな仕上がりとなっております。
先代ニンジャはツアラーぽいマスクでしたが現行モデルになりSSぽい雰囲気を醸し出していますね。かっこいいです。


アッパーカウル先端に小さな割れとキズを確認しましたが
交換するほどのキズではないの幸いでした
フルカウルのバイクで、まして現行の高価格帯のバイクとなると
カウルのキズや割れは致命的な減点となることもあります。
昔はひとコケ20万とよく言ってたもんです。

車体右側絵の立ちごけだったためマフラーサイレンサー下部に
凹みを伴うキズがありました
キズ自体は軽度なものだったため大きく目立つものではないです

このニンジャ400ですが残念なことに立ちごけをしてしまってレバーは破損してしまったので社外品のカスタムレバーへと交換されておりました。
グリップエンドも交換しており立ちごけによる損傷も査定時は軽減しており
大きな減点とはなりませんでした。

転ばぬ先の杖的な必須アイテム
エンジンスライダーを装着していたことで
立ちごけによるダメージも軽減され車体には大きなダメージがなかったことが査定での大きな減額ポイントならなかった点ですね。

綺麗な車体ほどキズやタンクの凹みなどは大きく目立ってしますので
査定時での大きなポイントとなることがあります。
レバーやグリップなどは比較的安価な部品ですので大きな影響はないですが
カラーリングの施された外装部品は専用部品への交換となりますので
部品代も高額となることがあります。

ニンジャ・シリーズを売るときには是非とも当社へご一報ください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バイクカインドではNinja400を査定に出し売却のご成約された風景を実績ブログ内で公開していますが、お客様のプライバシーを守るために買取り地域等を一部非公開にしている場合もございます。あらかじめご了承ください。
万一、バイク買取り時や廃車処分のバイク写真公開がNGの方はご遠慮なくスタッフまでお申し付けください。

不動車や事故で壊れたオートバイでも買取可能です。
新型のバイクもどこよりも高額査定を提示いたします。
お気軽にお電話ください。

他店でのバイク査定にガッカリした方もご遠慮なくご相談ください

きっとごお満足していただく査定価格をご提示いたします。
ご質問などお気軽にご相談ください。

バイクカインド
0120-819-808
年中無休 9:00~21:00
携帯から通話無料

バイクオンライン査定はこちら

→ ニンジャ400の買取実績はこちら

Ninjaシリーズの買取実績/ニンジャ400の買取実績/