まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

ER-6n買取

ER-6nの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

最高価格 420,000円
平均価格 213,167円
※2019年9月時点

程度良好なら、買取相場は21.3万~42万円前後となります。

カワサキ ER-6nとは?

ER-6n

2006年にカワサキからネイキッドタイプとして発売されました。

海外専用モデルで日本での正規販売はしていません!

欧州・北米・カナダ・オーストラリア市場向けの海外にだけ発売されていて、タイカワサキで生産されており、グローバルモデルとして販売されています。

兄弟車としてフルカウルスポーツのER-6fやマルチパーパスモデルのヴェルシスがあります。

走行性能よりもデザインが優先されて開発されていますので、車体の下に配置されたショートサイレンサーや、オフセット装着のリアショックが目立つ作りです。

コンセプトは「FUN. STYLE. EASY.」で、日常で使いやすい走行性能、攻め抜いたスタイリング、運転中の快適性などを追求して開発されています。

日本では逆輸入車としての位置づけですが、その前に400ccクラスのネイキッドモデルのER-4nは、日本国内で2011年から13年まで販売されていましたので馴染みのあるライダーも多いと思います。

649ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載していますが、鼓動感はカワサキのバイクとしては静かです。

やはりカワサキのバイクのエンジン音はゼファー750やZRXといったネイキッドは特徴的ですが、ER-6nは逆にうつります。

低速域では大型バイクに慣れたライダーは物足りなく感じるかもしれませんが、中速度域以上では驚くほど変化してきます。

まず、トルクが見違えるように太くなり、回転数を上げた2ストロークマシンのように俊敏な加速力と推進力を発揮します。

高回転では鋭い走りで、交通の流れをリードします。それでも欧州市場のミドルクラスと比較しても控えめな出力です。

ただ市街地や高速道路などで、必要に応じてパワーを出すことができるので非常に使いやすいです。

街中でもゆっくりと運転ができて、手軽な走りと乗りたいときにすぐに乗れるのがいいです。

ワインディングでも威力を発揮し、クイックに攻めることもできます。どんな走りでも対応できる強さがあります。

縦型の異形2眼ヘッドライトはデザインのポイントで目立ちます。

ストリートファイター然のルックスですが、メーターも2段タイプとなっていて、上段にタコメーター、下段に多機能ディスプレイを搭載しています。

フレームやスイングアーム、ホイールなど統一感を持たせたことで引き締まった外観が印象的です。

乗り込むほどに味の出る一面も持ち合わせており、リアのオフセット式レイダウンシングルショックは体重に合わせたマイルドな沈み込みとなり、フィット感をもたらしてくれます。

ハンドリングについても、十分な切れ角をもつハンドリングがより自然に倒し込めるような感覚があります。

高い性能を誇りますが運転のしやすさからリターンライダーにおすすめなバイクです。

積載力もかなりあり、シート下の収納スペースや荷掛けフックは十分な荷物を運ぶことができます。長距離のツーリングなどにも活躍してくれます。

2010年前後のモデルは割安で入手出来る可能性が高いです。思わぬ掘り出し物に出会うかもしれません。

自分の好みの一台に仕上げることができるバイクですので、長く付き合っていけるのが特徴です。

2015年まで生産されていましたが、その後の後継車種のZ650に役割を引き継ぎ生産が終了しました。

ER-6nを高価買取のポイント

高年式、低走行、車体に傷や割れが無ければ高値の可能性!

街中やツーリングなど走行シーンを選ばないという点もGOODです!買取価格にも大きく影響しています。

逆輸入車のためにタマが少なく珍しいバイクですので興味がある人も多いです。

日本でも徐々に人気が出始めているストリートファイターですがよりデザインに力をいれていますので、中古車市場でも注目を集めています。

パワーとスピードが魅力のバイクですのでエンジンの状態は本当に重要になります。状態がよければ高額査定の可能性があります。

またタイヤの山はあるか、カウルに損傷が無いか、ブレーキは減っていないか、外装はきれいかなどが査定ポイントにつながってきます。

一番多いのが車体の「転倒による傷」です。取り回しの際に立ちごけする人が多いです。その時に、フレームに傷が入ったり、カウルが割れたりしてしまいます。

海外での人気は上がっているので、中古車の売り上げも伸びているようです。そのため、バイクカインドでも力を入れて買取をしています。

査定ポイントとして、走行距離の低さや消耗品の減り具合、サスの使用度合いなど距離に応じて消耗していく部分を重点的に見ます。

特にノーマルの極上車は査定が高くなる傾向があります。エンジンや外観の良い状態なら高価買取が期待できます。

カスタムパーツも豊富でマフラーを変えると、アクセルを踏んで返ってくるエンジンの咆哮に心を奪わます。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

動かないバイクや事故車でもバイクカインドでは出張引取りをいたします。廃車のER-6nでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ