まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

ZX-10R買取

ZX-Rシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

ZX-10R買取

最高価格 1,168,000円
平均価格 462,507円

ZX-10R ABS買取

最高価格 1,750,000円
平均価格 1,211,397円

ZX-10RR買取

最高価格 1,860,000円
平均価格 1,792,076円
※2014年2月時点

程度良好の10Rなら、買取相場は46.2万~116.8万円前後となります。

程度良好の10R ABSなら、買取相場は121.1万~175万円前後となります。

程度良好の10RRなら、買取相場は179.2万~186万円前後となります。

カワサキ ニンジャZX-10Rとは?

ニンジャZX-10R

2004年にカワサキからZX-9Rの後継としてスーパースポーツとして発売されました。

市販車で初めてパワーウェイトレシオが1kg/PSを切りました。これまでの市販車では実現出来なかった壁を破りました。

また、ZX-RR譲りのバックトルクリミッターを標準で装備しています。

吹け上がりの良いエンジンは吸排気音とエキゾースト音に独特の味わいがありその音は迫力があります。

当時はセンターアップマフラーが流行っていましたが、重量が重くなることから見送りました。

その性能のすごさから初心者では扱えないくらいのハイスペックを誇りました。

公道仕様ですがレース仕様をそのまま持ってきたような感じですので、道路では運転しにくいです。やはりハイスペックすぎても日本の道路事情では厳しい面もあります。

各メーカーが最新技術を取り入れて激しい競争を繰り広げていますが、カワサキはラムエアシステムを武器にスーパーバイク世界選手権などのレースシーンを賑わせました。

1,000cc以上のリッターバイクには、各メーカーが力を入れている分野ですので最新の技術を詰め込んでいます。

ライバルはヤマハのYZF-R1やホンダのCBR1000RRがあげられますがどれもとんでもないパワーを持っています。

2019年現在も進化をし続けていますので、今後もモンスター級のパワーに磨きをかけてくるバイクです。

ZX-10Rの人気の秘密

レース用の技術を公道仕様にしたスーパースポーツです!

軽量なボディとそのコンパクトな車体に、水冷直列4気筒エンジンが搭載されています。

ニンジャ400よりも一回り小さいサイズですが、そこにハイパワーなエンジンがついていますのですごいことになっています。

低い位置のハンドルにバックステップを取り入れていますので、ポジションはレースと同じような、かなりの前傾姿勢になります。

この姿勢ですから長時間の運転ではやはり疲れがでます。休みながら運転するようにしてください。

徹底的な軽量化をしていますのでリアキャリアや荷掛けフックなどは無く、実用的ではありません。

すべてはスピードを楽しむためだけに作っていますので趣味用のバイクだと思います。

2006年にフルモデルチェンジをしてカウルの形状が変更されました。またセンターアップマフラー採用します。

2007年モデルまでのニンジャZX-10Rはトラクションコントロールが採用されていませんので、スロットルを開けると思わぬパワーを瞬時に生み出します。

2008年のモデルチェンジでは200馬力を突破しています。デザインも大きく変わりあまりニンジャらしからぬ外観になりました。

また、センターアップマフラーも廃止されて、フロントウインカーがミラーステーについています。

2011年にもフルモデルをして、外観がニンジャらしいデザインとなりかっこよくなっています。2011年モデル以降はトラクションコントロールを搭載しています。

フレームはツインスパーフレームになり、メインシャフトは押し上げられいわゆる3軸配置に変更されています。今までは独自の道を歩んでいましたが、他社によせてきています。

以外なことに女性に評判が良いのがわかり、漢のカワサキから変化があることがわかってきました。

2016年のモデルチェンジでは外観は先代を踏襲していますが、バランスフリーフロントフォークを採用しています。

どの速度域からでも加速することが可能ですので、高速でも簡単に引き離せます。やはり一番活躍してくれる場所はレースですが、高速でもそのすごさを見ることができます。

コーナーリングではバイクと体のフィーリングが一致すると無類の速さを誇ります。

制動性能に関しても一級品でラジアルマウント式の4ピストン4パットブレーキキャリパーをフロントに取り入れられて、急ブレーキなどに備えたバックトルクリミッターまで搭載しています。

乗る人を選びますが、サーキットでは鬼のような加速力がありますので、一部の愛好家から絶大な人気を誇ります。

高年式モデルになるほど乗りやすさがUPしていますので、乗りやすさを求める人にはいいですが、スピードモンスターを求めている人は2011年モデル以前のほうが刺激的な走りをします。

Ninja ZX-10Rを高価買取のポイント

乗り手の腕が問われるハイスペックなスピードバイクです!

とにかくスピードが売りのバイクですのでエンジンがカギになってきます。

エンジンは丈夫にできていますが、不動車やエンジンに異音がありますと査定額は下がります。

中古車価格でもほとんど値下げされないため、売る時も高値で売却が可能です。乗らない場合はすぐに売ってください。

ただ、初期型は10年以上前の車両ですのでなかなか高価買い取りになりにくいのが特徴です。

特に低年式が安く、高年式が高くなる傾向があります。新型モデルがでますと旧モデルは査定額が下がっていく傾向にあります。

刺激的な走りのために、コアなファンも多いバイクです。

エンジンの調子も重要ですが、装備品の消耗度合いも査定に含まれてきます。

タイヤの山はあるか、カウルに損傷が無いか、ブレーキは減っていないか、外装はきれいかなどが査定ポイントにつながってきます。

一番多いのが車体の「転倒による傷」です。とにかくスピードが出るので転倒しやすく、取り回しの際に立ちごけする人もいます。その時に、フレームに傷が入ったり、カウルが割れたりしてしまいます。

スーパースポーツモデルの人気は上がっているので、中古車の売り上げも伸びているようです。そのため、バイクカインドでも力を入れて買取をしています。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

新型モデルは業者によって査定額に差が出ることが多いですから、バイクカインドにご連絡ください。どこよりも高価買取をいたします。

不動バイクや事故車のニンジャでも買取可能です。

動かないバイクや事故車でもバイクカインドではどこよりも高価買取をいたします。廃車のZX-10Rでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ