まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

Ninja H2買取

Ninjaシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

ニンジャH2買取

最高価格 2,200,000円
平均価格 1,821,706円
※2019年8月時点

程度良好のH2なら、買取相場は182.1万~220万円前後となります。

カワサキ Ninja H2とは?

ニンジャH2

2015年にカワサキからスーパースポーツモデルとして発売されました。

由来はナハナンマッハ(750SS)に用いられていたH2からきています!

もともとの750SSは2スト3気筒エンジンで驚異的な加速力を誇りましたが、H2もその再現を目指して開発されました。

世界中の話題をさらったスーパーチャージャー搭載のNinjaH2Rですが、その兄弟車として保安部品の装着と規制値に最高出力がセッティングされたのがH2となります。

スーパーチャージャー(過給器)を取り入れられた998ccの水冷4スト4気筒エンジンは、川崎重工の航空宇宙カンパニー、ガスタービン・機械カンパニー、技術開発本部との協働により設計されています。

コングロマリット企業であるカワサキだからできる芸当でこのスーパーなエンジンが完成しています。

低中回転域でも高回転域でもアクセルをひねれば即座に必要なパワーを発揮することができて、爆発的な加速力で他を引き離します。

NinjaH2だけが持つ独特のフェイスマスクは、カウル中央部にある一灯式ヘッドライトとその上部のエンブレムは「川」の文字を図案化したリバーマークが取り付けられています。

これは川崎重工グループの総力を結集した技術が織り込まれていることを意味しています。まさにすべての力を結集させたマシンでもあるのです。

最先端の技術力ですから、非常に空力抵抗を考えて設計されたオリジナルのデザインが印象的です。まさにスピードがでるバイクのいで立ちをしていますね。

前後のホイールもオリジナルで5本のスポーツを持つ手裏剣のようなモチーフをしています。

ブレーキは大型ブレーキディスクとモノブロック・ラジアルマウントキャリパーを採用し、ラジアルポンプマスターシリンダーに至るまでブレンボ製ですのでまさに最高の制動能力となっております。

ニンジャH2は今までのどのバイクにも見られなかった新しい試みがなされているので見ていて飽きないバイクです。

2016年モデルではアシスト&スリッパークラッチを搭載し、トラスフレームが黒くシックなデザインとなっております。またエンジンコントロールユニット(ECU)セッティングを最適化しています。

ハンドル操作も抜群の信頼度がありますのでスピードが出ていても思うように運転することができます。

右2本出しのサイレンサーも存在感が抜群でとても目立ちます。リアタイヤも非常に太く威圧感があります。

2017年モデルは、クイックシフターの機能が強化され、シフトアップだけでなく、シフトダウンでも使えるようになるなどの機能追加が行われています。

この年に限定車としてカーボン素材のアッパーカウルを装備したニンジャH2カーボンが発売されています。まさに高級スポーツカーなみの高級感とハイスペックな装備でライダーを魅了しました。

ブラックの印象の強いNinja H2ですが、オーナーの所有欲を高めてくれる特別なバイクで、このスペシャル感は他のバイクでは味わうことができないでしょう。

乗り心地は前傾度の高いポジショニングですが、そこは走りを追求したマシンですのでこのポジションこそが相応しいと納得するでしょう。

この独創的な走りと乗り味は新次元の世界を切り開いてくれます。2019年モデルが出るなど世界でも注目の一台として今後も活躍するバイクです。

ニンジャH2を高価買取のポイント

川崎重工グループの技術を全てつぎ込まれた特別なバイクです!

モンスターマシンですので乗りこなすことに最初は苦労するかもしれませんが今までにない感覚を味わうことが

国内ではタマも少ないので状態がよければ思わぬ査定額になるかもしれません。

最新モデルのほうが査定額が高くなります。まだまだ新しいので高く売ることができます。次のモデルが出ると前のモデルは査定額が下がりますので乗らなくなったら売却をオススメします。

エンジンについては問題が無いバイクが多いです。タイヤの山はあるか、カウルに損傷が無いか、ブレーキは減っていないか、外装はきれいかなどが査定ポイントにつながってきます。

一番多いのが車体の重量が重いため、「転倒による傷」です。取り回しの際に立ちごけする人が多いです。その時に、フレームに傷が入ったり、カウルが割れたりしてしまいます。

スーパースポーツの人気は少しずつ上がっているので、中古車の売り上げも伸びているようです。そのため、バイクカインドでも力を入れて買取をしています。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

新型モデルは業者によって査定額に差が出ることが多いですから、バイクカインドにご連絡ください。どこよりも高価買取をいたします。

不動バイクや事故車のNinja400でも買取可能です。こんな状態でも大丈夫?と思ましたらまずはご連絡ください。

動かないバイクでもバイクカインドでは出張査定にお伺いいたします。廃車のニンジャH2でも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ