まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

W400買取

W400の予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点直近6ヶ月間の取引成立価格は

W400の買取

最高価格:330,000円
平均価格:203,438円
※2019年3月時点

程度良好なら、買取相場は20.3万~33万円前後となります。

カワサキ W400とは?

W400

2006年にカワサキからレトロなモデルとして発売されました。

兄弟車にはW650やW800がありますが、こちらのほうが400よりも先に発売されています。

中型ライダーの要望に応じて発売されたのが400ccクラスです。

カワサキのWシリーズの一番末弟モデルで、W650をベースにしています。

車体にはメッキパーツが多く使われているので高級感がありレトロなデザインで誰でも似合うのがいいです。

W650と比べると一回りコンパクトなサイズとなっていますが、最大の特徴となるバーチカルツインエンジンはそのまま搭載されています。

ショートストロークなので高回転までスムーズに吹け上がります。

W400のバーチカルエンジンは他のメーカーが旧車のリバイバルモデルを発売していますが、W400のエンジンは唯一無二のため再生産ができないです。

カワサキのWシリーズはエンジンが魅力的で熱狂的なファンが多くいます。

特殊なべベルギアという機構を取り入れているためにバイクに不慣れな人が調整すると壊れます。やはりマニアックな部分もあることがファンにはたまらないのでしょう。

バーハンドルに手をのばし、メーター周りのメッキとヘッドライトの輝きが素敵です。

短い期間の販売でしたが、排ガス規制の影響により2008年に生産が終了しました。

ただ、2011年には排気量を上げたW800がラインナップに追加されました。

W400の人気の秘密

クラシカルなデザインで年齢・性別を問わずに誰でも乗りやすいです!

モチーフは1960年代にヒットした「650-W1」で伝統的なスタイルと美しい姿から年配ライダーから熱い支持を得ています。

W650は大型二輪免許でしか運転ができませんが、普通二輪免許でも乗れるように400ccクラスを発売しています。

独特のベベルギア駆動式の空冷4ストロークSOHCバーチカルツインエンジンが搭載されて、非常にきれいな空冷フィンを装備しています。

W650と基本的な見た目は変わっていませんが、シートの厚みが薄くなり、サスペンションも短くなり、シート高が下がっています。

足つきの良さが改善されているので、取り回しのしやすさがUPしています。これで小柄な人や女性でも運転がしやすくなり人気にもつながりました。

高回転まで回るので、想像以上にスポーティーな走りで楽しむことができます。

全体のルックスもタンクからシートまわりも美しいバイクですので、そばに置いておくと絵になる一台です。

雰囲気を醸し出す数々のパーツが惜しみなく使われていて、運転をしていなくてもオーナー様の所有感を満たしてくれます。

レトロモデルのライバルとしては、ヤマハのSR400やホンダのCB400SSがあげられますが、独特なエンジンを持つW400にはコアなファンが多いです。

W650でも採用されていたタンクパッドも忠実に再現されており、当時のファンは再現度の高さは期待していた以上だったでしょう。

W400だけの味わい深いティストがあり、特にエンジンには注目できます。非常に小気味よいエンジン音で、元気な加速力が魅力です。

回転数を高めてエンジン音と走りを楽しむことができるので、運転をしていて飽きることがありません。

シンプルな作りですが、現在の豪華な装備のバイクでは味わえない特徴のあるエンジンとクラシカルレーサーの原点とも言える走りが熱い一台です。

W400を高価買取のポイント

2年間しか発売されていない絶版車ですがエンジンの状態がよければ高価買取も!

最近になってタマ数も本当に少なくなってきていることから程度の良いバイクは高額査定になることもあります。

コンディションによって買取価格にも大きく影響しています。エンジンに問題があると査定額は下がる傾向があります。

アルミをポリッシュした後にクリア塗装をしていることが多いので、飛び石などで塗装がはがれて、そこから腐食が始まり、見た目が悪くなります。

造形美を存分に味わえるW400ですので、やはり外観のコンディションが大きなポイントとなります。

エンジンの調子も重要ですが、装備品の消耗度合いも査定に含まれてきます。

タイヤの山はあるか、タンクに損傷が無いか、ブレーキは減っていないか、外装はきれいかなどが査定ポイントにつながってきます。

一番多いのが車体の「転倒による傷」です。スピードが出るので転倒しやすく、取り回しの際に立ちごけする人もいます。その時に、フレームに傷が入ったりしてしまいます。

レトロモデルのオートバイ人気は上がっているので、中古車の売り上げも伸びているようです。そのため、バイクカインドでも力を入れて買取をしています。

社外パーツも多く販売されていることからカスタム車も多いです。セパレートハンドルにシングルシートを装着し、カフェレーサー風にする人も多いです。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

絶版車は業者によって査定額に差が出ることが多いですから、バイクカインドにご連絡ください。どこよりも高価買取をいたします。

不動バイクでも買取可能です。このような状態でも大丈夫?と思いましたらまずはお電話ください。

動かないオートバイや事故車でもバイクカインドではどこよりも高価買取をいたします。廃車のW400でも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ