まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

SRX600買取

SRXの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

SRX600買取

最高価格 302,000円
平均価格 131,475円
※2014年7月時点

程度良好のSRX600なら、買取相場は13万~30.2万円前後となります。

ヤマハ SRX600とは?

SRX600

1985年にヤマハから発売されました。1985年から1997年まで生産されたSRシリーズの派生モデルのひとつです。

バイクそのものが持つ美しさを体現したモデルです!

ヤマハの代表的なバイクはSRで、日本製シングルスポーツとして海外に輸出用バイクとして開発されたのがSRX-6です。

SRは曲線的なフォルムですが、SRXはシングルスポーツとしてスマートになって、レースでは上位をしめました。

素材の美しさを楽しむバイクで、低く設定された燃料タンク、鋼管ダブルクレードルフレーム、雰囲気を高めるアルミパーツなどその外観を眺めているだけで時間の経つのを忘れるほどです。

最初期モデルはキックのみの始動方式でしたが前後ともダブルディスクブレーキを採用し、最高出力45psの馬力で、今のシングルスポーツと比較しても十分に対抗ができます。

まさにスタイリッシュな外観は、味わい深いモーターサイクルを表現し、美の究極系を目指しました。

日本の排気量区分では、600ccよりも下位ダウンした400ccのSRX-4のほうが注目度が高かったです。600ccはマイナーな存在になります。

走りに関しましてはスパルタンな走りも魅力的で、シングルレーサーとしての存在感を発揮します。

玄人向けで根強いファンも多く、当時から大切にしているオーナーも多くいます。やはりどんなバイクでも一定のファンはいるんです。

レーサーとしての機能性を重視しているSRX-6では制動性能を高めるために前後ディスクブレーキを装備しています。

タフさも兼ねそろえており、170kmでの高速運転でも熱ダレを起こさないほどです。

シングルならではの走りを際立たせた1990年のフルモデルチェンジで、ドライサンプ式のエンジンオイルタンクがエンジン前部に設置されるなど、エンジンも車体も見直されました。また、始動方式はセルフルターター式に変更されました。

こちらのデザインですが、Vmaxと同じデザインチームでメカニカル感を大切にしたデザインと機能美はどこかVmaxと同じにおいがします。

正式名称はSRX600ですが、サイドカウル表記ではSRX-6と表記されていますのでこちらでも呼ばれることがあります。

装備ともに現行シングルスポーツと遜色ない見事な出来栄えを誇るバイクに仕上げられていますがあまり売れませんでした。

ユーザーからの希望に応えかたちで晩年の後期モデルではセルスターターに変更になりました。

1997年に生産は終了していますがベテランライダーにはなお人気があります。

シングルスポーツに興味のあるライダーなら一度は乗ってみたいバイクでもあります。

SRX600を高価買取のポイント

以前は中古車では10万円台で変えましたが、2018年では30万円を超える車両もあります!

高年式で状態がよければ高価買取が期待できます。

見た目が美しいバイクですので、観賞用として乗らずに保管している人もいます。売却すれば思わぬ価格になるかもしれません。

現在では玉数も少なくなってきています。程度がよければ査定額はUPします。

古いバイクのため金属パーツの腐食や金属の劣化は割合多いと思います。錆が少ない方が有利ですので磨いておきましょう。

エンジンの調子や外観の傷などを合わせて査定額が決められます。エンジンは回転数がスムーズか、一発で始動するかどうかといったことが重要です。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

不動車や事故車でも買取可能です。この状態でも大丈夫かなと思いましたらまずはお電話ください。

動かないバイクでもバイクカインドでは出張引取りにいきまして、どこよりも高価買取をいたします。廃車のSRX-6でも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ