まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

マグザム買取

MAXAMの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

マグザム 前期 型式SG17J買取

最高価格 160,000円
平均価格 60,261円

マグザム 後期 型式SG21J買取

最高価格 190,000円
平均価格 71,384円
※2019年3月時点

程度良好の前期モデルなら、買取相場は6万~16万円前後となります。

程度良好の後期モデルなら、買取相場は7.1万~19万円前後となります。

ヤマハ マグザムとは?

MAXAM

2005年にヤマハからビッグスクーターとして発売されました。

同年に高速道路での二人乗りが解禁されたことで、タンデム走行を快適におこなえることを目的に開発されました。

人気の250ccスクーターで一世を風靡しました!

当時はスクーターブームでマジェスティが売れに売れまくりました。

ホンダがフュージョンを発売したらこちらも売れて、ヤマハは250ccクラスのスクーター市場でもシェアを奪いたいと思い、発売したのがマグザムです。

このバイクは若者のニーズをとらえ、ブームにも乗って一躍人気スクーターとなりました。

マジェスエィとマグザムのユーザーの年齢による住み分けがおこなわれました。若者はマグザムを選び、マジェスティは30代以上の大人といった感じです。

重心を極端に低くしたスタイルが特徴的で、街中でもよく見かけるようになりました。

二人乗りのために積載性を犠牲にして物を運ぶのには適していませんが、見た目がカッコいいことも成功した要因です。

頭一つ抜けた快適なタンデムが楽しめるビッグ「クルーザー」スクーターです。

車体も大きく空間がありますので、現在ではビッグスクーターの定番となったロー&ロングスタイルの原型となったモデルです。

シート高が低いので、足つきが非常に良く、信号待ちでも楽ちんです。シートの段差が少ないために、後ろに座っていても風を受けることが少なくできます。

ビクスクブームは去りましたが、人気は健在ですので中古車市場でも需要が多いです。

カスタムのベース車としても人気がありますので、中古車でも高値で取引されています。

マグザムの人気の秘密

オーナーの満足度が高いビッグスクーターです!

上記はコンセプトで重心を下げて低床設計となっているので街でのタンデム走行では快適に走行できます。

乗り降りもしやすく、快適な空間を演出できるバイクで乗り心地も良いです。

大きな車体にゆったりとしたポジションで乗れるので長時間の運転でも疲労しにくいです。その大きさは250ccには見えない車体ですね!

十分に研究されたシートは幅広でグラブバーも付いているので、後席に長時間座っていても疲れにくいです。これはホンダのフュージョンを意識した作りになっています。

タンデムの時に視線の高さが乗り手と同じ高さになるよう設計されています。また低重心化によって車体の安定性が増し、ホイールベースが長いために走行時の安定感があります。

重心が低いために地を這うような威圧感と迫力があるので運転していても楽しさがあります。

かっこよさ、走行感覚、存在感は、オーナーの顕示欲・所有欲を存分に満たしてくれます。

シート下収納スペースは小さく、ヘルメットとレインウェア一式が入る程度の大きさですが、リアトランクがあるので小ささをカバーしています。必要最小限の物を積める設計はやはりヤマハですね!

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載しており、最高出力20ps/7,500rpmと少しパワーがありませんが、最大トルク値22Nm(2.2kg・m)/5,500rpmとトルクフルなのは魅力的です。

低中回転重視のセッティングなので、実用的で信号待ちからの出足も速度は十分です。高速では厳しいですが、街乗りでは快適に運転できます。

渋滞でも極低速でフラつく事なく、安定した徐行が出来る強みがあります。非常に安定性は高めです。

力が無くてもハンドルの切れ角の大きさなどにより、十分取り回せるのが特徴です。足つきもいいので女性でも大丈夫です。

マイナーチェンジは2回おこなっています。

2007年に発売された2型は、排ガス規制に対応するために若干の変速特性の変更も行い、またインナーカウルも塗装されて、より高級感がUPしました。

2010年に発売された3型は、レバーは5段階調整式に変更になり、カラーもツートンカラーが採用されて、立体エンブレムも取り入れています。

2017年にヤマハから生産の終了が発表されました。

マグザムを高価買取のポイント

エアロカスタムでドレスアップが人気です!

ビッグスクーターはカスタムパーツが豊富にありますのでオリジナルの一台に仕上げることができます。

特に人気が高いのがロー&ロングボディのマグザムにエアロカスタムは相性が良く、シャープなフォルムとマッチョ感が演出できて厳つい男性に支持されています。

マフラーなどのカスタムも人気で走行性能のUPにもつながっていきます。中古市場でもカスタム車が多いのが特徴ですので、お買い得なカスタム車両も見つけることができます。

カスタムは有名メーカーであれば問題はありませんが、無名だと査定はダウンします。まだノーマルのほうがいいでしょう。

外観ではカウルに覆われているためカウルの傷や割れ、ズレなどがある車体も多いです。その場合は減点ポイントになりますので注意が必要です。

また普段使いが多いのが特徴ですので、あまり整備をせずに乗りっぱなしになっているバイクもあります。やはり定期的に整備しているバイクの方が査定額は高くなります。

査定ポイントとして、車体に割れや傷が無いか、走行距離の低さや消耗品の減り具合、使用度合いなど距離に応じて消耗していく部分を重点的に見ます。

年式が新しく走行距離が少ないと査定が高くなる傾向があります。エンジンや外観の良い状態なら高価買取が期待できます。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

不動車や事故車でも買取可能です。この状態でも大丈夫かなと思いましたらまずはお電話ください。

動かないバイクでもバイクカインドでは出張査定をいたします。廃車のマグザムでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ