まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

YZF-R6買取

YZFシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

YZF-R6買取

最高価格 1,276,000円
平均価格 627,350円
※2019年5月時点

程度良好のR6なら、買取相場は62.7万~127.6万円前後となります。

最新モデルはさらに高額査定となりますのでまずはお電話ください!

ヤマハ YZF-R6とは?

YZF-R6

1998年にヤマハからレーサーレプリカバイクとして発売されました。

インターモト(スクーター専門見本市)で発表されてから最先端のテクノロジーを取り入れています!

2009年はスーパースポーツ世界選手権のシリーズチャンピオンを獲得するなどヤマハを代表する一台です。

YZF600Rサンダーキャットが前のモデルでその後継車種となります。ライバルはホンダのCBR600RRでよくレースで競い合っていました。

欧州を中心に販売する海外モデルとなりヤマハのYZF-Rシリーズの600ccモデルとなります。

もともとこのクラスはにほんではもちろん世界的に見ても激戦区ですがYZF-R6は異彩を放っています。

エンジンはトルクが発生する回転域が狭く、少し右手に力を入れるだけでタコメーターの針が跳ね上がり高回転域になります。

車体は400ccクラスと同じくらい軽量化されており、最高出力120馬力というハイパワーなエンジンです。

しかし、出足はスムーズでパワーをうまく生かしているのでこのバイクの性能が良いことがわかります。

兄貴分のYZF-R1の技術を応用して弟のYZF-R6は作られていますが、出足では兄の方が若干モタつくのではと感じるほど出足に関しては鋭いです。

一番に力を発揮するのは高速道路です。アクセルをひとたび開ければ、切れの良いエキゾースト音と共に、鋭い加速力ととんでもないスピードで周りの車を軽く引き離します。

YZF-R6の人気の秘密

国内では逆輸入車扱いですが、扱いやすいミドルクラスのため人気があります!

モデルチェンジするごとに最新の技術を取り入れ続けています。マグネシウム製リアフレーム、LEDテールランプや電子制御スロットルなどを世界で初めて採用したのがこのモデルです。

また2000年・2009年・2011年・2013年のスーパースポーツ世界選手権では、シリーズチャンピオンにもなっていますがそれだけこのバイクの性能のすごさがわかります。

もともとこのクラスは世界的に注目を浴びて人気があるのでヤマハとしては何とかしてシェアの拡大をもくろんで、YZF-R6を開発していますので最新の技術が一番生きるモデルなのです。

エンジンは回せば回すほどエッジの効いた加速をしますが、リアタイヤがしっかりと路面をグリップしそのパワーを余すところなく路面に伝えることができます。

電子制御スロットルYCC-Tと可変吸気管長機構YCC-Iによって搭載された水冷4ストロークDOHC並列4気筒エンジンは、回転数やスロットル開度などが自動で切り替わります。そうすることでサーキット走行でも圧倒的なパフォーマンスを発揮しレースでも活躍できたのです。

前後ブレーキに取り入れられたのが超高性能の4ポットキャリパーで、こちらが抜群の制動力とコントロール性を発揮するのを手助けしてくれていて、スムーズに倒し込むきっかけを与えてくれます。

金型鋳造&プレス材の新素材を使用したアルミ製デルタボックスフレームはバランスの取れた剛性を与えてくれてくれます。

リアフレームには、二輪車初となる一体鋳造型のマグネシウム合金を採用してマスの集中化をはかっています。

レース仕様車ですのでコーナーリングも身体を委ねるだけでスムーズに曲がってくれます。

デザインも進化してきており初代から随分とスリムになってきており、戦闘力が伝わるフォルムとなってきています。

エンジン周りもそのものがカウルをまとっているかのようなギリギリに計算された車体でヤマハのこだわりがわかります。

ポジショニングも高めに設計されており、腰高なライディングポジションは過激な走りを最大限、発揮できるようにしています。

またヤマハ史上初のハイコンプの新型ピストンが独自に開発されて、取り入れられています。バルブやカムシャフト、チェーンにまで独自設計をしていますので、いかにこのモデルに力を入れていたかがわかります。

ライダーの信頼を裏切らない走りは、まさにYZFシリーズの最高のパフォーマンスを発揮できることでしょう。

YZF-R6の年代別モデル

初期型 5EB/5GV(1999年~)

エキサイトメントあふれる走行性能で世界的な衝撃的でした。

二代目 5MT(2001年~)

マイナーチェンジに近い二代目で細部の見直し&軽量化をし、テールランプがLEDに変更になりました。

三代目 5SL(2003年~)

フルモデルチェンジでコーナリング性能が向上し、エンジンにもフレームにも変更が入りました。欧州仕様はイモビライザーが付き、キーに埋め込まれたチップと本体シリンダーで登録されたIDが合致しないとエンジンが掛からないようになっている盗難防止装置が追加されています。

四代目 2C0(2006年~)

新設計エンジンに変更となり、圧縮比を上げることで127馬力/14,500rpmととてつもない高さになります。ポジションはさらに前傾になっています。

五代目 13S(2008年~)

アッパーカウルの更なるスラント化、サイドカウルの造形変更、マフラー形状の変更がありました。

六代目 BN6(2017年~)

新しくABSと6段階トラクションコントロールシステムそして出力モードを切り替えられるD-Modeが採用されました。新設計のカウルデザインでよりとがっています。

YZF-R6を高価買取のポイント

モデルチェンジするごとに査定額は上がります!

年式ごとの仕様や車種の特徴やバイクの状態によって買取価格は変わってきます。

中古市場でも売れ筋の車種ですので需要が多いです。乗らなくなったら早めに売ったほうがよいでしょう。

特にYZF-R6は外装に傷がある場合や転倒しているバイクもかなり多いので、状態がキレイな車両は高価買取のポイントになります。

希少なカラーモデルや限定モデルも多くでていますので、その場合はプレミアム相場で高く査定がでます。

WGP 50th Anniversaryモデルであれば相当の値段になります。

ノーマル車は高く買取ってもらえる傾向にあります!

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

不動車や事故車でも買取可能です。この状態でも大丈夫かなと思いましたらまずはお電話ください。

動かないバイクでもバイクカインドではどこよりも高価買取をいたします。廃車のYZF-R6でも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ