まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

GSX1300R隼買取

GSX1300Rハヤブサの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

ハヤブサの買取金額

前期モデルの型式 GW71A(1999年~2007年)最高買取価格 600,000円 買取平均価格:450,000円

後期モデルの型式 GX72A(2008年~2014年)最高買取価格 800,000円 買取平均価格:550,667円

三代目モデルの型式 GX72B(2014年以降~)最高買取価格 1050,000円 買取平均価格:600,083円

程度良好の前期モデル(GW71A)のGSX1300R隼なら、買取相場は45~60万円前後となります。

程度良好の前期モデル(GW71A)のGSX1300R隼なら、買取相場は55~80万円前後となります。

程度良好の三代目モデル(GX72B)のGSX1300R隼なら、買取相場は60~105万円前後となります。

スズキ GSX1300R隼とは?

ハヤブサ

1999年にスズキがスポーツタイプの大型オートバイとして発売され、「市販車最高速」との声も高いのがハヤブサです。

スーパースポーツを越える究極のマシンという意味でアルティメットスポーツとも呼ばれています。

GSX-R1100の後継として登場しそのスタイルと圧倒的なスピードで注目を集めました。

ハヤブサは国内最速の312km/hを出しましたが、2001年モデル以降は規制問題によりメーカー各社がスピードリミッターを搭載し国内モデルでは312km/hは出ないようになっています。

海外輸入車では搭載されていないものもあるため逆輸入車も人気が高くなっています。

2008年に1度フルモデルチェンジしています。

軽量なのにその機動性に飛んだ走りはまさに「隼」という名前にふさわしく名は体を表しています。

デビューから17年を迎えた今も、空力効果をより追求した美しい形のデザインで、迫力のエキゾースト音が心地よい刺激を乗り手の肌に伝えてきます。

GSX1300R隼は、初心者から上級者まで幅広い層から人気があります。人気は、ビッグバイクの中ではトップクラスともいわれています。

ライバルにはカワサキのZZR1400やそれ以前の世界最速を誇ったホンダのCBR1100XXなどをあげることができます。

スズキの技術を結集したまさに20世紀の最高の傑作としてこのバイクは生み出されています。

GSX1300Rハヤブサの人気の秘密

とんでもないモンスターエンジンが特徴的です!

ただ日本の公道では最高速度のスピードを出すことはできませんので、レースでその威力は発揮されます。

曲線を多用したフルカウリングやセンターカウル中央に縦2つに配置されたヘッドライトは発売からのスタイルが維持されています。

速度だけが注目されますが、ハヤブサは安定性・安全性がしっかりと担保されたバイクです。

2008年モデル以降の隼は、バックトルク・リミッターや走行モードを3種類から選択できるS-DMSが搭載されていますので、気軽に乗ることができます。

アクセルに神経を使うことなく、ハヤブサは気楽に走りたい時には気ままに流せるような仕様へと変化しています。

最高出力はリミッターなしの輸出仕様と変わらず、パワフルで爽快な走行性で多くのファンを魅了しています。

スピードリミッターのある日本仕様の隼は、以前の制限のないモデルを知るユーザーにとっては物足りなく映りますが、実際は変更後のエンジンが高出力のパワーを受け止めて、乗り手の意思に合わせた走りを提供してくれるので快適性は向上しています。

400cc並みのコーナーリング性も実現していますので、乗り手の意思一つで扱えるバイクとして、魅力的なスーパースポーツバイクです。

ゆったり乗れるツアラーバイクとして、長距離が楽しくなるバイクです。

GSX1300Rハヤブサは様々な仕様と走りで全世界に衝撃を与えたバイクです。

人気は高く、毎年多くのバイクメディアでの人気投票ではトップランクに君臨しています。

GSX1300R隼の年代別モデル

前期モデル 型式 GW71A(1999年~2007年)

1299cc/175馬力で最高時速312kmを出せるエンジンを搭載し、好き嫌いに分かれるデザインが特徴です。

年を追うごとにじわじわと人気が出始めて、最後には大ヒットした大型モンスターバイクの一つとなりました。

スポーツバイクでも異例の8年間も大きなモデルチェンジをすることなく売れ続けていました。

後期モデル 型式 GX72A(2008年~2014年)

前期のモデルと大きく違うのはABSとS-DMS(スズキ・ドライブモード・セレクター)の装備です。

ABSは雨の日などの車輪ロック(ブレーキ)を防ぐ装置で、S-DMSはエンジン特性(ドライビングモード)を3段階に切り替えられる装置です。

三代目モデル 型式 GX72B(2014年~)

2014年に騒音規制が緩和されたことで、国内での正規販売が復活しています。最高出力は197PSにまでアップされていて、標準で日本初のETC搭載車となっています。

GSX1300R隼を高価買取のポイント

スズキの最高速マシンとして君臨!

ハヤブサもキャブ~インジェクションモデルへ移行して時が経つことで中古相場も安定しております。

現在でも高い走行性能と人気から同時期に発売されているバイクと比較しても、高い買取相場となっています。

前期モデルと後期モデルの買取価格を比較ても年式が新しい後期モデルのほうが高い金額で取引されています。

スズキの代名詞ともいえる代表的なバイクなので、日本国内だけにとどまらず世界各国からも高い人気を得ています。

2001年に日本国内では騒音規制により正規の販売が行えませんでした。

2014年以降に規制緩和により日本仕様車が再発売されるようになりました。それまでは日本で手に入れようと思えば逆輸入車のみでした。つまり、日本国内における日本仕様車のGSX1300Rハヤブサの中古車在庫はとても少なく、とても希少だといえます。

特にアメリカでは、カスタムベース車として人気が高いようです。

外装や足回り、エンジンまでカスタムを施したカスタム車にお乗りの場合は高価買取が期待できます。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

消耗品もブレーキディスクは編摩耗していないか、タイヤならどのくらい残っているか、チェーンならサビで作動不良を起こしていないかなどをチェックします。

ハイスピードマシンであるため、不動バイクや事故車両でも買取可能です。部品どりとしても使用できます。

動かないバイクや事故車でもバイクカインドでは出張引取りをいたします。廃車のGSX1300Rハヤブサでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ