まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

Goose350買取

グースシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

Goose350買取

最高価格 350,000円
平均価格 145,391円

Goose250買取

最高価格 138,000円
平均価格 112,730円
※2019年11月時点

程度良好のグース350なら、買取査定相場は14.5万~35万円前後となります。

程度良好のグース250なら、買取査定相場は11.2万~13.8万円前後となります。

スズキ Goose350とは?

グース350/250

1991年にスズキからネイキッドモデルとして発売されました。

究極のシングルロードスポーツバイクです!

一ヶ月遅れで発売されたのがGoose250です。見分けるポイントとしてオイルクーラーや倒立フォーク、アルミサイドプレートの有無などがあるかで判断することができます。

競技車両のDR350から流用した350ccの単気筒エンジンを搭載し、スーパースポーツバイクとしてスズキが自負しています。

名前の「Goose(ガチョウ)」はマン島TTレースの名所でガチョウの首の様な事から命名されたコーナーの形にサイドプレートがそっくりだったことから「グース」と言われています。

1990年代の前半はまさにレーサーレプリカ全盛期でしたが、それに反論するかのように開発したスーパーネイキッドバイクです。

レーサースポーツのようなパワーはありませんが、ワインディングにおいてはそれ以上の性能を誇ります。

当時としては最先端のエンジンでベースはDR350ですが、油冷や三軸三角形レイアウトを見れば分かる通りGSX-R750の技術を取り込んでいます。GSX-R750技術の流用をしていますので、高回転でもストレスなく回すことができます。

セパレートハンドルにタイトなポジションとレプリカバイクと同じ倒立フォークを装着していますのでシングルレーサーとして存在感があります。

キャッチコピーは「直線は退屈だ」のようにパワーよりもコーナーで勝負するバイクですのでシングルのスポーツバイクでは大活躍をしました。

このコーナリングを軽快に走れるシングルは初めてでしたので、熱狂的なマニアから熱い支持を受けていました。

ただあまり話題にならなかったことで販売台数も伸び悩みました。またレースでは活躍しますが、前傾過ぎるポジションやタンデムや荷物の積載が難しいシングルシートなど、実用性に疑問符がつくほど日常では使いにくい点も弱点だったのかもしれません。

ネイキッドバイクですが、タンクやシートカウルのデザインがレーサーレプリカよりの作りでフロントサスペンションに倒立フォークとリアにリンク式モノサスなど豪華な装備でしたがやはりどっちつかずの中途半端な感じがします。

フレームは綺麗なたダイヤモンドトラスで、コンセプトは「マスプロダクションからの脱却」でした。

ライバルにはホンダのGB250クラブマンやヤマハのSR400があげられますが、知名度ではグースがダントツに低いです。

シングルエンジンの可能性を追求したバイクで、通常は誰もが低回転からトコトコ回り、厚いトルクとゆったりポジションでのんびり走れる事が魅力だと思っているところに、単気筒スーパースポーツという分野を切り開こうとしたモデルでもあります。

このバイクを乗ったバイクジャーナリスト達はこれほどおもしろいシングルはないと言っていましたが、それはやはりレースでのことであって日常ではないのが運転するとわかります。

コーナーで体重をかけるとスパッと倒れ込み、アクセルを開けながらリアタイヤにトラクションを掛け、一気に立ち上がるコーナーリングスタイルはシングルスポーツ独特です。

1999年に生産が終了し10年ほどの販売期間がありますが、登録台数は6,000台ほどしかありません。

このことからも不人気車であることがわかりますが、レースで一番威力が発揮できるので一部のマニアにはたまらないバイクでもあります。

グース350を高価買取のポイント

現在では台数が少ない希少なモデルです!

動く車両がほんとうに少なくなってきています。ガレージの置くに眠っているGoose350がありましたら、査定にだしてください。驚きの価格になるかもしれません。

中古市場では希少性が高く価格が上がってきています。今となってはレアなバイクですので持っていたら思わぬ査定額になるかもしれません。

特に純正パーツの生産が終了していますので、部品どり用としての需要もあります。

エンジンの状態も査定額に重要な影響を与えます。基本的にノーマルで純正できれいであれば査定額は高くなります。エンジンの異音や不動車の場合は査定額が下がります。

とにかく古いバイクですので、外観のコンディションが良いと高い査定額が期待できます。

カスタム車はそこそこ多いですが、その中でも多いカスタムはハンドルやマフラーやウインカーなどのライトカスタムのバイクもあります。

珍しいバイクのために現在でも中古市場でニーズがあります。また、状態の良いバイクは少ないのでその場合は有利です。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

不動車や事故車でも買取可能です。この状態でも大丈夫かなと思いましたらまずはお電話ください。

1990年代の旧車や絶版車は業者によって査定額に差が出ることが多いですから、バイクカインドにご連絡ください。どこよりも高く買取をいたします。

動かないバイクでもバイクカインドでは出張査定をいたします。廃車のGoose350でも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ