まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

CB1000R買取

CBシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

CB1000R 型式SC60買取

最高価格 620,000円
平均価格 461,970円

CB1000R 型式SC80買取

最高価格 1,180,000円
平均価格 972,942円

CB1000R ABS買取

最高価格 760,000円
平均価格 571,942円
※2019年12月時点

程度良好の型式SC60なら、買取相場は46万~62万円前後となります。

程度良好の型式SC80なら、買取相場は97万~118万円前後となります。

程度良好のABSなら、買取相場は57万~76万円前後となります。

ホンダ CB1000Rとは?

CB1000R

2008年にヨーロッパ向けにHondaからストリートファイタースタイルの初代(SC60型)として発売されました。

それからネオレトロが人気となりモデルチェンジをしたのが二代目となります。

2018年にネオスポーツカフェとしてのネイキッドとして誕生しました!

コンセプトはスポーツバイクの根源的な楽しさを追求しており、スピードよりも乗り心地を重視した作りとなっております。

初代は欧州だけでしたが二代目は日本でもされて国内ファンから支持されています。生産は熊本工場で作られています。

ホンダの名車の代表でもあるCBシリーズを名乗るバイクで最新の装備に丸目ヘッドライトなど昔の懐かしいデザインも取り入れた設計になっております。

CBR1000RRのエンジンをネイキッド向けにセッティングしたエンジンを搭載しています。

CB900ホーネットに似ていて、スリムな車体とスポーティなのに扱いやすさが売りのバイクでしたので期待が持てるのがCB1000Rとなります。

見た目は変わっていますが実際には高級感があり迫力もありますのでまさに大人のバイクとしての存在感を発揮します。

ただコンパクトな車体と武骨なフォルムはシャープな印象もあり、不思議な感じがすることができます。

リッタークラスでストリートファイターとしては他社から遅れをとりましたが、ホンダはネオレトロなスタイリングで差別化をはかりました。

レトロなところとは違って高精密な電子制御が豊富に積み込まれていて、アクセルワークを電気信号で送るスロットルバイワイヤを搭載しています。

また、シーンに合わせて4種のライディングモードを選ぶことができるなど、運転する楽しさを味わえることができます。

日本の高速道路では、その加速力で他の車を引き離すことができます。スポーツバイクらしい豪快な加速や、レスポンスの良いエンジンフィーリングは街中での運転から高速道路まで幅広くカバーしてくれます。

シャープな後ろ姿はリアフェンダーがスイングアームマウントになっているからでこちらはライダーによって好き嫌いが分かれる部分です。

ヘッドライトを含めてすべての灯火類はLED化されています。こちらは今のバイクでは標準でになってますね。

フレーム素材を高張力鋼モノバックボーンで新構造のアルミピボットプレートによって軽量化されています。

このことによって車両重量の212kgですが、押し引きの時は重さを感じますが、跨ると驚くほど軽く感じることができます。見た目は重厚ですが、乗ると軽快というギャップもあります。

足つきはあまりよくはありませんが、停車時には足がつき軽量ですのでそこまで問題にはなりません。

メーターは8色に光るマルチカラーインジケーターが使用されており、モードの選択やギアポジションなどに応じて光り、自分が今、どのモードで走っているのかがすぐにわかるようになっおります。

フロントブレーキには4ポッドラジアルマウントキャリパーが採用されていてコントロールしやすく安定的なブレーキングが実現しています。

タンクの容量も16Lと十分ですのでツーリングでも十分で燃費も良いので日常の足としても活躍してくれます。

新車価格では1,636,200円と高額ですがやはりそれに見合うだけの最新の装備ですので納得はできます。

シリーズ車種には125cc、250cc、300ccのクラスもあり外観は似ていますが、生産はタイで作られていてグローバル車としての役割があります。

CB1000Rを高価買取のポイント

SC80型はまだまだ新しく人気急上昇中です!

SC60型はやはり買取額は下がります。やはり最新のモデルが査定額はUPします。

初代の古いバイクですとエンジンに問題のある車体も見られます。不動車やエンジンから異音がある場合は評価が下がりますので注意が必要です。

外観もかっこいいバイクですので傷や転倒した跡がありましたら査定額にひびきます。

ノーマル車で乗っている人も多いと思いますが、カスタム車も人気があります。特にマフラーを変えている人も多いと思います。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

国内需要のみならず海外需要も高いので、フロントから追突してしまい大破した事故車でも買取可能です。

動かないバイクでもバイクカインドでは出張引取りをいたします。廃車のCB1000Rでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ