まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

インテグラ買取

インテグラの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

NC700D買取

最高価格 412,000円
平均価格 308,627円

NC750D買取

最高価格 450,000円
平均価格 376,517円
※2019年5月時点

程度良好のNC700Dなら、買取相場は30.8万~41.2万円前後となります。

程度良好のNC750Dなら、買取相場は37.6万~45万円前後となります。

ホンダ インテグラとは?

NC700Dインテグラ

2012年にHondaからスクータータイプのバイクとして発売されました。

ニューミッドコンセプトに基づいて開発されたグローバルモデルがNCシリーズです!

日常の生活で使いやすいバイクを開発するというプロジェクトから生まれました。

共通プラットフォームを用いることによりネイキッドタイプのS、クロスオーバータイプのX、スクータータイプのインテグラを同時に展開しています。

3機種は、エンジンやシャシー、足回りを共有しながらコストを抑えて販売することを目的としていましたが、インテグラだけは少し役割が違っていました。

それはVFR1200Fに搭載していたバイク用の有段式自動変速機構(デュアルクラッチトランスミッション「DCT」)を搭載することです。

デュアルクラッチトランスミッションというセミオートマで、通常のスクーターのようにオートマではありません。

またシンプルな油圧回路で軽量化に成功し、コンパクトになりました。軽くなったことで燃費性能に優れていますので、燃費もいいです。大型二輪としては驚異的の燃費で41km/Lで走ることができます。

排気量は669ccで車のエンジンをベースにしており、低回転型よりのエンジンとなっております。そのためマニュアルミッションよりDCTのほうが乗りやすく人気があります。

なぜ低回転を重視したかというとコンセプトに「街乗りやツーリングなどの常用回転域で使いやすいこと」があるからです。

その他に「購入しやすい価格帯であること」3モデルのパーツを共通化にすることで低価格で販売することが可能になりました。

2016年に生産が終了し、4年間の販売と短い期間でした。

インテグラの人気の秘密

そもそも3モデルでこのバイクだけがDCTモデルだけが設定されてABSも標準で装備していました。

共通化により実現した低価格で高性能のバイクです!

2013年にはスペシャルカラーモデルを限定発売し、14年2月にはフルモデルチェンジをしています。

モデルチェンジをしたことで排気量が拡大されましたが、他の2モデルは名称が変更されましたがインテグラはそのままでした。

パワーやトルクや燃費が向上し、燃費計も標準で取り付けられました。

外装カラーが異なるインテグラSがタイプ追加され、その年の4月に他のNCシリーズと同様にETC車載器とグリップヒーターを装備したEパッケージが発売されました。

大幅な性能向上でヤマハのMTシリーズに追いつこうとしましたが、あまり売り上げが伸びずに2016年に生産が終了しています。

ただホンダらしく弱点らしい弱点は見当たらないバイクで高品質です。

DCTとABSが標準でついているなど豪華な装備でDCTは一般走行に適した「Dモード」と、スポーツ走行に適した「Sモード」があります。

NCシリーズを購入したライダーはツーリングを主に考えています。スピードを出して楽しむよりも乗り心地に重点が置かれています。

安定性にも優れていて、快適に走行できますのでまさにツーリングにうってつけなバイクです。

スポーツモードだと鋭い加速を発揮してスポーティーな走りになります。高速道路でも安定性が高く、加速力もありますので問題がありません。

ここまでスポーティーなスクーターは珍しく、低価格ですので中古車で購入しても活躍してくれるはずです。

インテグラを高価買取のポイント

中古車市場にも出回っている台数が少なく希少なモデルです!

4年間しか販売されていませんでしたので中古車市場でも見ることが少ないです。

燃費もよく、運転がしやすいので通勤・通学で使用している人もいます。

大型スクーターの入門編としてもいいので、乗り換えを検討している人は検討の価値があります。

パワーとスピードが魅力のバイクですのでエンジンの状態は本当に重要になります。状態がよければ高額査定の可能性があります。

またタイヤの山はあるか、カウルに損傷が無いか、ブレーキは減っていないか、外装はきれいかなどが査定ポイントにつながってきます。

一番多いのが車体の「転倒による傷」です。取り回しの際に立ちごけする人が多いです。その時に、フレームに傷が入ったり、カウルが割れたりしてしまいます。

カスタム車はあまりありません。カスタムをしてもマフラーやウインカーぐらいのカスタムの方がほとんどだと思います。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

国内需要のみならず海外需要も高いので、フロントから追突してしまい大破した事故バイクでも買取可能です。

定期的にモデルチェンジを繰り返して進化を続けています。世界的に人気が高いバイクなので海外で転売する業者も多いですから、買取相場は非常に高くなっています。

事故車や不動車でも買取が可能です。こんな状態でも大丈夫?と思いましたらまずはお電話してください。

動かないバイクでもバイクカインドでは出張査定をいたします。廃車のインテグラでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ