まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

マグナ買取

ホンダ マグナシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

マグナ50 型式AC13 買取価格

最高価格 240,000円
平均買取価格 98,519円
※2015年2月時点

Vツインマグナ250 型式MC29 買取価格

最高価格 420,000円
平均買取価格 127,718円
※2014年4月時点

程度良好のMAGNA FIFTYなら、買取相場は10~24万円前後となります。

程度良好のV-TWIN MAGNAなら、買取相場は13~42万円前後となります。

ホンダ Vツインマグナとは?

Vツインマグナ

1994年にホンダから本格的な250ccクラスのクルーザースタイルで登場しました。

当時はアメリカンブームの真っ只中で、ライバルにはカワサキのバルカンやヤマハのビラーゴがあります。

VTシリーズから引き継がれてきた耐久性に定評のあるエンジン(MC15E型)を搭載し、中低速よりの出力を高めたことで、アメリカンクルーザーの特徴であるトルクと鼓動感を強めることに焦点をあてました。

2本出しのメガホンマフラーが特徴で、ローアンドロングを基調としたドラッグスタイルでした。

400cc並みの体格と重量感のある走行で、販売面でも非常に優秀な成績を上げており、1994年発売当時からホンダのバイクの中でも絶大な人気を誇っていました。

車検も必要く、普通二輪免許で運転することができることで若者を中心として人気を集めました。

2007年に排ガス規制の強化に伴って生産が終了しました。

マグナ50とは?

Vツインマグナがヒットしたことから、1995年にマグナ50は発売されました。

Vツインマグナの弟分として売り出されて、こちらも大ヒットしました。

アメリカンタイプの原付バイクで見た目は原付に見えないほどの迫力です。

作り込みがされて完成度の高いバイクで、多用されたメッキパーツやビッグすぎる外観などは、250ccクラスのバイクと見間違うほどです。

原付のため非力なエンジンのため加速力はありませんが、自由にカスタムできるという魅力があります。

そのために若者から中高年までこのバイクの愛好者が多いのも特徴です。

2007年まで販売されていましたがその後に生産が終了しました。

Vツインマグナの人気の秘密

日本のアメリカンバイクの歴史を語るうえで、マグナは欠かすことができない存在です。

ヤマハ・ドラッグスター250と並ぶ250ccアメリカンバイクの傑作といえる一台です。

外観は大きなガソリンタンクとタイヤが持つ圧倒的な存在感で人気を獲得しました。

このバイクが販売される以前は、アメリカンバイクは車検と大型二輪免許が必要な400ccクラス以上でなければ本格的なものはなく、普通二輪免許で乗れて、車検がいらないワイルドなVツインマグナ250は熱狂的な支持を受けることが出来ました。

乗り心地はビッグスクーターを連想させるような加速感でしたが、V型エンジンの生み出す鼓動感も十分味わうことが出来るのが特徴でした。

初期型にはグレードの高いマグナ250Sがありました。250Sは、前後にディッシュホイールを装着し、リアサスもフルカバーとなっおり上級な仕様です。初期型のみにマグナ250Sはありました。

250ccクラスのアメリカンのエントリーモデルとしてはこれ以上ないほど高いクオリティーを誇り、燃費の良さと維持費の安さからこのクラスのバイクでは高コストパフォーマンスを記録するバイクです。

ホンダ Vツインマグナの年代別モデル

初期型 (1994年~)

エンジンは最高出力は27馬力です。水冷エンジンながら空冷フィン風のモールドが施されています。

2型 (1999年~)

シートもスリムになり、ステップ位置が前方へと移設されました。排ガス規制に対応するため2次エア導入装置が取り付けられています。

3型 (2004年~)

盗難防止機構を新たに追加されました。

4型 (2006年~2007年)

カラーはブラックのみで、ホイールハブやクランクケースなど細部にわたって黒い塗装が施されております。一番の人気がこの最終型になります。

マグナシリーズを高価買取のポイント

弱点が無い非常に優秀なバイクです。

2本出しのマフラーは査定においてとても重要です。マフラーをカスタムにしている場合はノーマルマフラーは必ず取っておいてください。2本出しのマフラーがあるかないかで査定額が大きく左右されます。

スーパートラップ製のオープンエンド装着で音も変わってきますし、人気もあります。

稼働車両は査定が高くなりますが、不動車はどうしても買取価格は下がってきます。

生産が終了してだいぶ経ちますので、使用できるパーツは積極的に買取もできます。

大ヒットモデルだけあって中古車市場では玉数は潤沢で、フルカスタム車両やトライク仕様車も多くあります。

車検も不要でどんな状態でも走ることができますので、エンジンや外観の良さも大切になってきます。査定ポイントとして、走行距離の低さや消耗品の減り具合、サスの使用度合いなど距離に応じて消耗していく部分を重点的に見ます。

特にノーマル車は査定が高くなる傾向があります。エンジンや外観の良い状態なら高価買取が期待できます。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

動かないバイクや事故車でもバイクカインドではどこよりも高価買取をいたします。廃車のマグナシリーズでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ