まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

CB400T ホーク2買取

HAWKシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

CB400T ホーク2買取

最高価格 530,000円
平均価格 264,522円
※2018年6月時点

程度良好のホーク2なら、買取相場は26.4万~53万円前後となります。

バイクカインドのホーク2無料回収・廃車処分実績

→ バイクオンライン査定はこちら

ホンダ ホーク2とは?

ホークⅡ

1977年にホンダからネイキッドタイプとして発売されました。当時はまだネイキッドのカテゴリがありませんでしたが、独特なスタイルで注目されました。

HAWKシリーズの基礎となったモデルで燃料タンクの形状から「やかん」と呼ばれていました!

従来はこの400ccクラスでは満たせなかった高速道路から通常の道路までの走行を余裕のある性能と、俊敏で幅広いスポーティさを兼ね備えたバイクとして登場しました。

4スト4気筒エンジン搭載のバイクが400ccクラスではCB400フォア以来なかった時代にホークⅡは誕生しましたが、CB400フォアとは違います。

ホークⅡの特徴である「丸っこいやかん」のようなタンクとアップハンドルで、短くて太めのメガホン型マフラーを装着しています。

エンジンは空冷4ストローク2気筒SOHCエンジンでフォアよりも加速力があり、最高出力も上回っています。

当時はそれまで量産車には採用されなかった高度な燃焼技術を駆使した超ショート・ストロークの40馬力の高出力エンジンを実用化しています。

2into1チャンバーや排気効率の良い3バルブ、2排気システム、確実な点火のためにCDIを取り入れるなど走りに重点をおいた作りとなっております。

サイズも現在までのネイキッドタイプと変わらずに、大きめのシートとアップハンドルによってネイキッドポジションをとることができて、楽な姿勢で運転することができます。

最適な走行バランスを得るために、重量の大きな物を車両の中央部に集めて、どんな道路状況でも優れたハンドリングを実現できれるようになっています。

HAWKシリーズのはしりで、後年にもこの名称を引き継いだモデルがありますので、ホンダがいかにこのバイクに特別な思いを抱いていたかが伺えます。

性能の良さから当時は教習所でも採用されていたこともあります。またアクセルを開けば、瞬時に反応するので初心者の方でも問題なく運転することができました。

直管とアップハンドル仕様の族車用ベースマシンとしても有名です。ノーマルのエンジン音は静かですが、族車仕様ではブッタ切りのマフラーなどで爆音にする改造が主流でした。

カスタムの定番はマフラーが圧倒的に多く、今でもガゼルやプリティ管は有名でカスタムしている人もいます。

1978年にはCB400T ホンダマチック装備車 HAWKも発売され、従来のホーク2とはクラッチレバーを廃止し、パーキングブレーキレバーを設置して、タコメーターを廃止しています。

旧車の中では純正パーツが多い状態で市場に出回る事もある稀有なバイクですので、中古車として購入することも比較的簡単にできます。ただ、よくチェックはしてください。

フォアよりも高性能でしたがあまり売れませんでした。原因としてアメリカ市場を重要視したことと、若者よりもおじさんのイメージが強かったことが原因です。

しかし、現在では当時を知るリターンライダーに人気があり、中古車市場でも安定した価格で取引されています。

CB400T ホーク2を高価買取のポイント

40年以上前の旧車ですので保管状態や走行距離による影響を大きく受けます。

エンジンは頑丈にできていますので、稼働車両は査定が高くなりますが、不動車はどうしても買取価格は下がってきます。

査定士はエンジンをかけて、すぐに始動するか、異音は無いか、アイドリングは安定しているかを見ます。

族車などアクセルミュージックのためにエンジンを回しすぎている場合は、大幅な減点対象となります。

過激な族車仕様ですと買取ができない場合もあります。その場合はできるだけノーマル車に近づけてください。

査定ポイントとして、走行距離の低さや消耗品の減り具合、サスの使用度合いなど距離に応じて消耗していく部分を重点的に見ます。

純正の部品が少なくなってきているので、オリジナルであれば評価は高くなります。

また外観がカッコいいバイクですので、大きな傷やへこみがあると買取額が下がります。

特にノーマルの極上車は査定が高くなる傾向があります。エンジンや外観の良い状態なら高額査定が期待できます。

カスタムパーツも豊富でマフラーを変えていると評価が下がることもあります。ガゼルやプリティ管ならGOODです!

キジマなどからレバーやアルフィンカバーが製造されているので、それらを使ってカスタムも人気があります。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

1990年代の旧車や絶版車は業者によって査定額に差が出ることが多いですから、バイクカインドにご連絡ください。どこよりも高く買取をいたします。

動かないバイクや事故車でもバイクカインドでは出張査定いたします。廃車のホーク2でも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ