まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

シャドウ買取

ホンダシャドウシリーズの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

シャドウ400 買取価格

最高価格 240,000円
平均買取価格 142,381円

シャドウ400カスタム 買取価格

最高価格 270,000円
平均買取価格 177,496円

シャドウ400クラシック 買取価格

最高価格 292,000円
平均買取価格 234,857円

シャドウスラッシャー400 買取価格

最高価格 214,000円
平均買取価格 117,316円

シャドウスラッシャー750 買取価格

最高価格 246,000円
平均買取価格 172,538円

シャドウ ファントム750 買取価格

最高価格 410,000円
平均買取価格 358,917円
※2019年2月時点

程度良好の400なら、買取相場は14.2~24万円前後となります。

程度良好のカスタムなら、買取相場は17.7~27万円前後となります。

程度良好のクラシックなら、買取相場は23.4~29.2万円前後となります。

程度良好のスラッシャー400なら、買取相場は11.7~21.4万円前後となります。

程度良好のスラッシャー750なら、買取相場は17.2~24.6万円前後となります。

程度良好のファントムなら、買取相場は35.8~41万円前後となります。

ホンダ シャドウ400とは?

1997年にホンダからアメリカンタイプのオートバイとして発売されました。

アメリカやヨーロッパ向けにクルーザーバイクとして開発されました。

日本では逆輸入車として支持を得て、ロングセラーモデルとして知られています。今も根強い人気を誇るシリーズです。

ライバルのドラッグスターにスティードではかなわなくなって、ホンダはこのモデルを市場に投入しました。

大ヒットしたVツインマグナの中型二輪免許で運転できるバイクの後継車種として生産されました。

同時に750ccのシャドウ750も発売されて兄弟車として位置づけです。車体は同じですが、排気量のみが違います。

1990年代後半はアメリカンブームがおきて、シャドウシリーズはアメリカンバイクの火付け役となりました。

ハーレーとは違い、クラシックな外観からより重厚感を感じます。高い人気に支えられて、現在のクルーザーモデルのジャンルを確立しました。

クラシックな外観から若者だけでなく30代以上の大人のライダーにも注目が集まり人気となりました。

シャドウ400は爽快な走りで、大きすぎずに乗りやすい車体をしています。そのため長距離のツーリングや高速道路での安定性にも優れているところが特長です。

シャドウスラッシャーとは?

2000年にはカスタム色を強めたシャドウからの発生車種のシャドウスラッシャーが発売されました。

扱いやすさと軽さはシリーズ最高です!

クルーザーモデルとしては、シャープさのあるデザインと軽快なシルエットが印象的です。

前輪に19インチホイールを採用して、チョッパースタイルのショートフェンダーを搭載し、マフラーもシャドウ400の1本出しから2本出しに変更されています。

シャドウ400は車体が大きすぎたので、スラッシャーは全体的に外装を簡素化しつつ車高を下げることで、小柄な人でも扱いやすさを向上させました。

シートが柔らかく、運転をしていても疲れないので長距離のツーリングも楽ちんです。V型2気筒エンジンからは鼓動感や太いトルクを体感できて、中低速の回転を意識して作られており、街中での運転に適しています。

デザインはシャドウクラシックよりも落ち着いた外観で独特のシェイプでファンから人気を集めました。

シャドウスラッシャーは軽量化することで素早さが増して、よりカスタム志向の強いバイクとなりました。

クールな雰囲気とローライドポジションの良さは、アメリカンモデルの愛好者でも十分に満足できるレベルです。

シャドウシリーズの人気の秘密

ホンダのクルーザースタイルのアメリカンに方向性を統一することになったのがシャドウ400です!

抜群の存在感とクラシカルな装いは多くのアメリカンバイクファンを惹きつけました。

水冷4ストロークOHC3バルブV型2気筒エンジンを搭載しており、タフで耐久性に定評があります。

シートの座り心地が良いので、車体が重いのでスピードが出るまでに時間がかかりますが、身体を刺激されながらゆったり構えて乗れるのが特徴です。

シャドウ400は2008年にインジェクション仕様のフルモデルチェンジをして、大柄なフェンダーを装着した「クラシック」と、ショートフェンダーでスリム化した「カスタム」の2車種で発売されました。

長い車体と低い重心のため、長距離でも安定した走りができます。またアメリカンバイクよりも燃費が高く、電子制御燃料噴出装置が燃費の良さを実現させています。

2000年に発売されたシャドウスラッシャー400は、前輪に19インチホイールを採用し軽快感を演出しており、メタルでクールなイメージで多くの支持を集めました。

アメリカンバイクを重くて扱いにくく運転が難しいですが、スラッシャーは軽量で扱いやすいために小柄な人や女性でも人気がありました。

ホンダらしく素直な軽快さで運転がしやすく、無理のない体の使い方が計算しつくされた車両は同クラスのクルーザーモデルではトップクラスです。

後継モデルの「シャドウ400カスタム」が登場して人気モデルでしたが生産終了となりました。

2009年にはシャドウ750の派生車種として、「ファントム」が発売さました

外装の大部分をマットブラックに統一してシックな外観が魅力的です。

クラシックスタイルとは一線を画し、フェンダーをショート化して、メッキパーツも極力、使用していませんので、ブラックが一層引き立つボディーです。

ハーレーの「ストリートボブ」がマットブラックで人気になり、その外観を模倣したのがこのモデルです。

シャドウを高価買取のポイント

カスタムパーツが豊富で、自由に改造できるのが魅力!

発売されてから新モデルが発表されていても人気が衰えることがなく、国内だけでなく海外でも多くのファンがいることでも有名です。

国産の400ccアメリカンはモデルは少なくなってきています。シャドウは中古車市場でも大変な人気です。

シャドウ750シリーズは、400ccから乗り換える人が多いのでこちらは査定額が400よりも高くなります。特に新しいファントムはシリーズで一番です。

すでに絶版車ですので、状態が良い車両は高額査定の対象となります。

自分で自由に改造できるので、カスタムベースとして購入するニーズが強いです。

ただシャドウスラッシャー400は国内ではカスタムパーツが少ないです。海外でも人気が高く、アメリカではスラッシャー用のパーツは多いです。

年代の新しいノーマル車の査定が高くなる傾向があります。外観やエンジンの状態がよく、年式が新しいほうが高価買取が期待できます。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

動かないバイクや事故車でもバイクカインドではどこよりも高価買取をいたします。廃車のシャドウシリーズでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ