まずは動かないバイクや事故車でもご相談ください。

CB400スーパーフォア買取

スーパーフォアの予想買取相場

状態の良いバイクの業者間取引市場での買取時点6ヶ月間の取引成立価格は

(CB400SF NC31-100〜)

1992年〜1998年式
最高価格 200,000円
平均価格 81,654円

(CB400SF-VTEC NC39〜100〜)

1999年式〜
最高価格 250,000円
平均価格 113,840円

(CB400SF-VTEC2 NC39-103〜)

2002年式〜
最高価格 300,000円
平均価格 149,373円

(CB400SF-VTEC3 NC39-105〜)

2003年式〜
最高価格 420,000円
平均価格 200,790円

(CB400SF Revo NC42-100〜)

2007年式〜
最高価格 530,000円
平均価格 308,100円

程度良好の初期型(1992年~1998年式)なら、買取相場は8万~20万円前後となります。

程度良好のVTEC(1999年式~)なら、買取相場は11万~25万円前後となります。

程度良好のVTEC2(2002年式~)なら、買取相場は15万~30万円前後となります。

程度良好のVTEC3(2003年式~)なら、買取相場は20万~42万円前後となります。

程度良好のRevo(2007年式~)なら、買取相場は31万~53万円前後となります。

ホンダ CB400スーパーフォアとは?

1992年4月に初代モデルがホンダから発売されました。

日本で一番売られている中型バイクがスーパーフォアです。

ホンダの水冷エンジンのネイキッドバイクの代表格がこのCB400SFです。

バイクを日常的に普通に使用できるのがこのバイクの特徴です。

2018年になっても終わることなくCB400SFは販売され続けています。

バイク乗りの中でもベストセラーバイクとして名の知れているのがこのモデルです。

CB400SFの年代別モデル

初代モデルNC31(1992年~1999年)

HONDAでは定番車種であった「CB-1」の後継車種が初代のCB400SFです。

「CB-1」からは旧車テイストを今っぽく採用し、燃料タンクを18リッターに改善し、安定感のあるツインサスに変更されています。

基本スペックは、エンジン型式:NC23E(水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・4気筒)、総排気量(cm3):399。

VTECモデルNC39(1999年~2007年)

パワーユニットをNC31からNC39に変更されました。

ホンダが開発した可変バルブタイミング機構を取り入れた「VTEC(ブイテック)」が採用されたのは後継車であるNC39~のモデルとなります。

低速走行では燃料の節約で2バルブのみ稼働して、高回転時には4バルブ稼働によって、低回転域のトルクと高回転域のパワーを両立させることが可能となりました。

RevoモデルNC42(2007年~)

レボはYPER VTEC Revoを搭載し、3代目へとモデルチェンジをはたしました。

エンジンはこれまではCBR400Rを土台としていましたが、新設計のNC42Eエンジンに変更されました。

レボにABSが装着されたモデルが発売されるなど、走行性と安全性に磨きがかかりました。

CB400スーパーフォアを高価買取のポイント

保管状態や走行距離による影響を大きく受けます。

ロングセラーモデルで人気があるため、取付カスタムパーツも評価されやすく高価買取できることが多いです。

また、ときどき限定カラーも発売もありますので、限定カラーは高く売ることができる場合もあります。

カスタム車でも、ノーマルパーツを保管している時は、必ず買取査定の時にお伝えください。査定額が上がります。

不動バイクや事故車のスーパーフォアでも買取可能です。動かなくても大丈夫です!

動かないバイクや事故車でもバイクカインドではどこよりも高価買取をいたします。廃車のスーパーフォアでも、パーツを使用できる場合は買取もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。東京・埼玉・神奈川・千葉の関東と大阪・兵庫・京都の関西にご自宅まで無料出張査定にお伺いいたします。

ページTOP

バイク出張買取

お気軽にご連絡ください

0120-819-808

年中無休 9:00~21:00 携帯から通話無料

お乗りにならない原付やバイクはございませんか?車種、状態、地域を問わず積極的にバイクを高価買取します。
無料出張バイク買取地域は東京、神奈川、埼玉を中心に関東・関西になります。

PageのTOPへ